ブログ
みんなの掲示板
スケジュール表
スタッフ紹介

通年お得企画!!

ダイビング器材が安い!
ダイビング器材をどこよりもお安く提供しております。(軽器材・重器材・ドライスーツ・ウエットスーツ・デジカメなど)
量販店や通信販売よりお得な割引価格を出しています♪

シーズン・プロコース開催中

ダイブマスター講習詳細 IDCインストラクター開発コース詳細 EFRインストラクター講習詳細 IDCスタッフインストラクター講習詳細 SPインストラクター講習詳細 DAN酸素インストラクター講習詳細

ショップ&スクール シーズン

シーズン
ダイビングをやって見たい方!
インストラクターを目指す方!
いつも楽しく安全にダイビングをする事が大好きなスタッフですので
お気軽に遊びにきてください!
年会費なんてものは、ありません!
メール、お電話でのお問い合わせ
お待ちしております!!
電話:046-233-3022
FAX:046-236-3222
メール
メールフォーム

PADIテックレックコース

   

・・・・・ディスカバーTEC体験プログラム・・・・・

料金
・・・・・¥14,040 (税込)
上記料金に含まれるもの
・必要な全てのレンタルテック器材、Wシリンダー、施設利用料、入海料、現地までの交通費
上記料金に含まれないもの
・昼食代
最終催行人数、日程
・1人(希望日リクエストベースで開催)

ディスカバーテックは
テクニカルダイビングに興味を持たれているダイバーを対象に用意された体験コースです。
テックコースを受講するか
迷われている方は、
まずは体験テックをしてみてください。
フルテック器材を装着し
プールもしくは限定水域で
楽しみながらテックをご紹介させていただくプログラムです。
TEC40のダイブ1を
実施する事も可能で、
そのままクレジットを受けることもできます。

   

・・・・・PADIテック40ダイバー・・・・・

料金
・・・・・¥43,200 (税込)3日間+自宅学習
上記料金に含まれるもの
・レンタルテック器材(下記2,3,4,9、含)
・Wシリンダー使用料
・申請料、施設使用料、入海料
・現地までの交通費
上記料金に含まれないもの
・海洋実習費用(空気)¥31,040
・昼食代
・テックディープマニュアルCD-ROM¥10,584(PADIメンバーの方は各自購入してください)
最終催行人数、日程
・1人(希望日リクエストベースで開催)
必要器材
1:フィン、マスク(各自用意)
2:BCD、ウイング&ハーネス(レンタル)
3:ダブルタンク用レギュレーター1セット(レンタル)
4:デコンプレッション用レギュレーター(レンタル)
5:保護スーツ(どのタイプでも可)と必要なアクセサリー(各自)
6:時間用計測器と深度計またはボトムタイマーやダイブコンピューター(各自DC1台)
7:コンパス(各自)
8:ナイフ/カッティングツール(レンタル可)
9:水面フロート(DSMB)とリール(レンタル可、自己所有推奨)
10:リストスレート(レンタル可、自己所有推奨)
PADIテックレック

テック40コースはエントリーレベルのテクニカルダイビングを学ぶ最初のステップです。
認定を受けると水深40Mまでを空気または酸素濃度50%までのEANxを用いて10分の減圧ダイビングが可能になります。
コースは知識開発、3回の実践応用、4回のトレーニングダイブで構成されています。
知識開発ではテックディープダイバーマニュアルと資料を使用しての自宅学習、ナレッジレビュー提出とエグザム40の実施。
実践応用ではテクニカルダイビング器材の組み立て方と使い方、減圧ソフトウエアの使用方法、ダイビング計画に関する手順とスキルの開発等。
トレーニングダイブではスキル開発と練習&応用、4回のダイブ(ダイブ4は減圧ダイブ)を3日間で行います。
ダイブ1はプールもしくは限定水域です。

   

・・・・・PADIテック45ダイバー・・・・・

料金
・・・・・¥48,600 (税込)2.5日間~3日間+自宅学習
上記料金に含まれるもの
・レンタルテック器材(下記2,3,4,9、含)
・Wシリンダー使用料
・申請料、施設使用料、入海料
・現地までの交通費
上記料金に含まれないもの
・海洋実習費用(空気、酸素もしくはEANx)¥46,440
・昼食代
・テックディープマニュアルCD-ROM¥10,584(PADIメンバーの方は各自購入してください)
最終催行人数、日程
・1人(希望日リクエストベースで開催)
必要器材
1:フィン、マスク(各自用意)
2:BCD、ウイング&ハーネス(レンタル)
3:ダブルタンク用レギュレーター1セット(レンタル)
4:デコンプレッション用レギュレーター(レンタル)
5:保護スーツ(どのタイプでも可)と必要なアクセサリー(各自)
6:時間用計測器と深度計またはボトムタイマーやダイブコンピューター(各自DC1台)
7:コンパス(各自)
8:ナイフ/カッティングツール(レンタル可)
9:水面フロート(DSMB)とリール(レンタル可、自己所有推奨)
10:リストスレート(レンタル可、自己所有推奨)

テック45コースではテック40ダイバーに完全なテクニカルディープ減圧ダイビングが紹介されます。
認定を受けるとフルテクニカル器材を使用して、加速減圧の為に空気またはEANxを使用して45Mまでの減圧ダイビングを実施し、
100%酸素までの1種類の減圧ガスを使用して減圧を行うことができます。
知識開発はナレッジレビュー提出とエグザム45、3回の実践応用、4回のトレーニングダイブ(ダイブ4は減圧ダイブ)で構成されています。

   

・・・・・PADIテック50ダイバー・・・・・

料金
・・・・・¥48,600 (税込)2.5日間~3日間+自宅学習
上記料金に含まれるもの
・レンタルテック器材(下記2,3,4,9、含)
・Wシリンダー使用料
・申請料、施設使用料、入海料
・現地までの交通費
上記料金に含まれないもの
・海洋実習費用(空気、酸素もしくはEANx)¥46,440
・昼食代
・テックディープマニュアルCD-ROM¥10,584(PADIメンバーの方は各自購入してください)
最終催行人数、日程
・1人(希望日リクエストベースで開催)
必要器材
1:フィン、マスク(各自用意)
2:BCD、ウイング&ハーネス(レンタル)
3:ダブルタンク用レギュレーター1セット(レンタル)
4:デコンプレッション用レギュレーター(レンタル)
5:保護スーツ(どのタイプでも可)と必要なアクセサリー(各自)
6:時間用計測器と深度計またはボトムタイマーやダイブコンピューター(各自DC1台)
7:コンパス(各自)
8:ナイフ/カッティングツール(レンタル可)
9:水面フロート(DSMB)とリール(レンタル可、自己所有推奨)
10:リストスレート(レンタル可、自己所有推奨)

テック50コースではオープンサーキットディープ減圧テックダイビングのためのスキルを全て完了します。
この認定はフルテクニカル器材を使用して、水深50Mまでの減圧ダイビングの計画を立て実施し、2種類の減圧ガス(EANxまたは酸素)を使用して加速減圧を行う資格が与えられます。
知識開発はナレッジレビュー提出とエグザム50、3回の実践応用、4回のトレーニングダイブ(ダイブ3&4は減圧ダイブ)で構成されています。



・・・上記TECコース日程は基本的に受講される方の希望日で開催します。
週末、祝日、平日いつでもOKです。
・・・水中に入るまえに1年以内のPADI病歴診断書の提出が全ての人に必要になります(用紙はお渡しします)。
・・・テクニカル器材購入の条件や営業などはありません。
コース終了までレンタルを使用しての受講で構いません。
器材は希望者にのみ割引価格でご紹介いたします。
・・・推奨レベルとしてリストスレート、サーフェスマーカーブイ(DSMB)とリール(スプール)を個人所有することをお勧めします。
ドライスーツ、フィン&マスク、ダイブコンピューターは特に指定ありません。
・・・TECコースではスキルに於けるマスターとして達成レベルのマスターが要求されています。
達成レベルでは実施したスキルにストレスがほとんど無い、または全く無い事をデモンストレーションできる事がマニュアルで要求されています。
スキルが未完成、不完全の場合は本人と相談の上、練習する時間、もしくは別途追加補講日が必要になるケースもあります。
ご了承ください。